3年前、二人の社長に出会いました。

二人はとてもよく似た状況でした。二人とも高校を卒業後は進学はせず、同じ仕事に就きました。二人ともいずれ会社を興すことを夢見て、懸命に働き、資金を貯めました。そして、起業。その間に、二人ともに扶養する家族も増えました。ライバルがひしめき合う激戦業界での起業後も、目標を立て、一生懸命働いていました。

そして、3年たった現在の二人の社長はと言うと・・・一人の社長は、自ら立てた目標を達成し続け、今充実した日々を過ごしています。もう一人の社長は、心が折れてしまい、一旦休業することを決めました。

では、何が二人の社長の明暗を分けたのでしょうか?

明暗を分けた二人の社長の違いとは、、、目標を実現するまでの数字の目安があったか否か、です。

数字の目安があった社長は「“何”を“どれだけ”やれば、目標を実現できるか」がわかっています。一方の社長は、目標はあってもその目標を実現するまでの数字の目安がないので、具体的に“何”を“どれだけ”頑張ればイイのかがわからない状態でした。

だから、安易に安売り競争に参戦してしまったり、訳のわからないノウハウに手を出しまくったり・・・とにかく何をやっても上手くいかない状況のまま、時間ばかり過ぎていきました。

でも、“何”を“どれだけ”やればイイのかさえ分かっていれば、時間を無駄にすることはなかったはずです。

それだけ、目標を実現するまでの数字の目安があったか否か、ということが重要だったのです。そして、この数字の目安になるのが、3つの数字です。