3年前、二人の社長に出会いました。

二人はとてもよく似た状況でした。二人とも高校を卒業後は進学はせず、同じ仕事に就きました。二人ともいずれ会社を興すことを夢見て、懸命に働き、資金を貯めました。そして、起業。その間に、二人ともに扶養する家族も増えました。ライバルがひしめき合う激戦業界での起業後も、目標を立て、一生懸命働いていました。

そして、3年たった現在の二人の社長はと言うと・・・一人の社長は、自ら立てた目標を達成し続け、今充実した日々を過ごしています。もう一人の社長は、心が折れてしまい、一旦休業することを決めました。

では、何が二人の社長の明暗を分けたのでしょうか?明暗を分けた二人の社長の違いとは、、、目標を達成するための計画(プラン)があったか否か、です。

プランがあった社長は「何をどれだけやれば、目標(=結果)に到達するか」がわかっています。一方の社長は目標はあってもプランがないので、どうすればイイのかがわからない状態でした。だから、安売り競争に参戦してしまったり、ノウハウに手を出しまくったり・・・

ハッキリ言って完全に自分を見失っていて、立てた目標さえ、世間一般の価値観(よくありがちな年商1億円とか年収1000万円とか)にならってるだけで、社長の本心ではありませんでした。